WordPressでカテゴリーリストを表示させるとき
wp_list_categoriesを使うことが多いと思いますが、
wp_list_categoriesで出力されるソースは

<li class="cat-item cat-item-1"><a href="#">カテゴリ1</a></li>
<li class="cat-item cat-item-2"><a href="#">カテゴリ2</a></li>

のように出力されます。

でも場合によっては出力されるソースを変更したい場合がありますよね。
そんなときに便利なカテゴリーリストを好きなソースで表示させる方法をご紹介します。

例えば

<div class="cat"><a href="#">カテゴリ1</a></div>
<div class="cat"><a href="#">カテゴリ2</a></div>

みたいに表示させたい場合だと
wp_list_categoriesの代わりに

<?php
$args=array(
//いらないパラメータは省略可
  'type'	=> 'post',
  'child_of'	=> 0,
  'parent'  	=> '',
  'orderby' 	=> 'name',
  'order'   	=> 'ASC',
  'hide_empty' 	=> 1,
  'hierarchical'=> 1,
  'exclude'  	=> '',
  'include'  	=> '',
  'number'   	=> '',
  'pad_counts' 	=> false
  );
$categories=get_categories($args);
foreach($categories as $category) { 
  echo '<div class="cat">';//リストの前につくタグ
  echo '<a href="' . get_category_link( $category->term_id ) . '" title="' . sprintf( __( "View all posts in %s" ), $category->name ) . '" ' . '>' . $category->name.'</a>';
  echo '</div>';//リストの後ろにつくタグ
} 
?>

と記述すればOK

このやり方だとほかにもいろいろ出力されるソースのカスタマイズができて便利です。