KH-WEBLOG TOP > WEBメモ > WordPress > カテゴリーリストを好きなソースで表示させる:WordPress

カテゴリーリストを好きなソースで表示させる:WordPress

WordPressでカテゴリーリストを表示させるとき
wp_list_categoriesを使うことが多いと思いますが、
wp_list_categoriesで出力されるソースは

<li class="cat-item cat-item-1"><a href="#">カテゴリ1</a></li>
<li class="cat-item cat-item-2"><a href="#">カテゴリ2</a></li>

のように出力されます。

でも場合によっては出力されるソースを変更したい場合がありますよね。
そんなときに便利なカテゴリーリストを好きなソースで表示させる方法をご紹介します。

例えば

<div class="cat"><a href="#">カテゴリ1</a></div>
<div class="cat"><a href="#">カテゴリ2</a></div>

みたいに表示させたい場合だと
wp_list_categoriesの代わりに

<?php
$args=array(
//いらないパラメータは省略可
  'type'	=> 'post',
  'child_of'	=> 0,
  'parent'  	=> '',
  'orderby' 	=> 'name',
  'order'   	=> 'ASC',
  'hide_empty' 	=> 1,
  'hierarchical'=> 1,
  'exclude'  	=> '',
  'include'  	=> '',
  'number'   	=> '',
  'pad_counts' 	=> false
  );
$categories=get_categories($args);
foreach($categories as $category) { 
  echo '<div class="cat">';//リストの前につくタグ
  echo '<a href="' . get_category_link( $category->term_id ) . '" title="' . sprintf( __( "View all posts in %s" ), $category->name ) . '" ' . '>' . $category->name.'</a>';
  echo '</div>';//リストの後ろにつくタグ
} 
?>

と記述すればOK

このやり方だとほかにもいろいろ出力されるソースのカスタマイズができて便利です。

コーディング・WordPress化作業を代行します

WordPressのおすすめ参考書

楽天Kobo電子書籍ストア
¥3,278 (2024/06/12 18:43時点 | 楽天市場調べ)

TAGS

.htaccess ActionScript All in one seo pack Contact Form 7 CSS CSS3 EC-CUBE Flash HTML HTML5 JavaScript jQuery LightBox PHP RSS SEO WordPress アイキャッチ画像 アクセス解析 カスタムフィールド カテゴリー カラーミーショップ カート コメント ショートコード テンプレートタグ ドロップダウンメニュー パーマリンク フォーム フルスクリーン ブログカード プラグイン ページテンプレート ページナビ ページ分割 マウスイベント リダイレクト リンク リンクカード レンタルサーバー ロールオーバー 携帯サイト 条件分岐 正規表現 関連記事