WordPressで記事一覧のループ内で、
N件数ごとに処理を行う場合の方法をメモ。

ループの回数を取得する関数の作成

まず、ループの回数を取得するために
functions.php

<?php
function loopCountNum(){
global $wp_query;
return $wp_query->current_post+1;
}
?>

と記述します。
これで、この関数を呼び出すときは

<?php echo loopCountNum(); ?>

と記述すればOK

指定した件数ごとに処理

後は、指定した件数ごとに処理を実行したい場合、
(例えば5件ごとに処理を実行する場合)

<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
~

等のループ内に、

<?php if ( (loopCountNum() % 5) === 0 ): ?>
5で割り切れる場合の処理をここに記述
<?php else: ?>
5で割り切れない場合の処理をここに記述
<?php endif; ?>

のように記述すればOK

他にも、記事一覧表示時に3列ずつfloat:left等で表示させる時に

<div class="post <?php if(loopCountNum() % 3 === 0){ echo 'right';} ?>">

のように記述すれば
3列目のdivだけにrightというクラスをつける
といった使い方もできるので便利ですよ。