WordPressでページのタイトルを取得・表示するときには
wp_title();
というテンプレートタグを使用します。

wp_title();は、メインページのループの外側であれば、テンプレートのどこでも使用できます。
具体的には
内に使うことが多いと思います。

使い方とパラメータ

wp_title() の書き方は

wp_title(‘sep‘, echo, ‘seplocation‘);

のように記述し、
それぞれ

  • ・sep
  • ・echo
  • ・seplocation

のパラメータには

sep (文字列) タイトルの前/後に表示するテキスト(区切り文字)
デフォルトでは、記事タイトルの前または後ろ(seplocationで指定)に ‘»’(»)記号
echo (真偽値) タイトルを表示する(True)か、PHP 文字列として使えるようにタイトルの値を返す(False)を指定。
有効値:
1 (True) – (初期値) 表示
0 (False) – 値を返す
seplocation (文字列)タイトルに対する sep 文字列の出力位置を指定します。この値を ‘right’ とすると、sep 文字列を記事タイトルの後ろ(右側)に置きます。初期値 ”(ブランク)や、’right’ 以外の値では、sep 文字列をタイトルの直前(左側)に置きます。このパラメータは Version 2.5 以上でのみ使えます。

‘right’ – 区切り文字を後ろ(右)に表示
”(初期値)・その他の文字列 – 区切り文字を前(左)に表示

がありこれらのパラメータを指定すればOK

例えば
ページのタイトル | ブログ(サイト)名
のようにしたい場合は

<?php wp_title(' | ', true, 'right'); ?><?php bloginfo('name'); ?>

と指定すればOKです。

参考サイト

WordPress Codex 日本語版