KH-WEBLOG TOP > WEBメモ > HTML > html5の基本「DOCTYPE宣言」と「エンコーディング」

html5の基本「DOCTYPE宣言」と「エンコーディング」

最終更新日:

HTML5の勉強をしていこうと思い、
今回はまず、基本の
「DOCTYPE宣言」と「エンコーディング」
の書き方をメモ。

基本の書き方

従来のXHTMLだと

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />

のように記述していた部分は
HTML5だと

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">

のように書き
とてもシンプルに記述できます。

ちなみにHTML5では従来の

< />

のような空要素は閉じても、閉じなくてもOKなので

<meta charset="UTF-8">

のように記述すればOK

さらに、スタイルシートやjavascriptを読み込むときに
今までだと

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="sample.css" />
<script type="text/javascript" src="sample.js"></script>

のように記述していた部分も

<link rel="stylesheet" href="sample.css">
<script src="sample.js"></script>

のようにtype=”text/javascript”を省略できます

TAGS

.htaccess ActionScript All in one seo pack Contact Form 7 CSS CSS3 EC-CUBE Flash HTML HTML5 JavaScript jQuery LightBox PHP SEO WordPress アイキャッチ画像 アクセス解析 カテゴリー カラーミーショップ カート コメント ショートコード ソースコード タグ テンプレートタグ ドロップダウンメニュー パーマリンク ビジュアルエディタ フォーム フルスクリーン プラグイン ページテンプレート ページナビ ページ分割 マウスイベント リダイレクト リンク レンタルサーバー ロールオーバー 携帯サイト 条件分岐 正規表現 角丸 関連記事