Flashで作品を作るときによく使う
ローディングの作り方をメモ。

今回は一般的によく使われてる
バータイプとパーセント表示タイプのやり方をメモ。

プログラミング

progressBar_mc・・・ローディングバー用インスタンス(ムービークリップ)
status_txt・・・パーセント表示用インスタンス(ダイナミックテキスト)

//ロードのチェック
this.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, checkLoaded);

function checkLoaded(e:Event){
	//ロードしているデータをパーセントで出す(四捨五入)
	var loadedPercent = Math.round(this.loaderInfo.bytesLoaded / this.loaderInfo.bytesTotal * 100);
	//status_txにパーセントを表示
	status_txt.text=loadedPercent+"%";
	//プログレスバーの横の長さを出す
	progressBar_mc.scaleX=loadedPercent/100;
	if (loadedPercent >= 100) {
		completeLoaded();
	}
}

//ロード完了時の処理
function completeLoaded() {
	this.removeEventListener(Event.ENTER_FRAME, checkLoaded);
    //ロード完了後フレーム2へ移動
	this.gotoAndStop(2);
}
stop();

でOK。