カラーミーショップでいろいろな条件分岐をする方法をメモ

カラーミーショップでのif文を使った条件分岐の基本的な書き方は

<{if ここに条件}>
内容
<{elseif ここに条件}>
内容
<{else}>
その他
<{/if}>

となります。

TOPページ等のテンプレート毎の条件分岐

たとえばTOPページだけに表示させる記述がある場合などは

<{if $file_name == "file:1/top.tpl"}>
ここにTOPページに記述する内容
<{/if}>

のようにします。
file:1の部分の1の数字の部分は、管理画面の
『お店をつくる』→『デザインを設定する』
の中の使用しているテンプレート名の横にある「Preview」ボタンを押した先のURLの
http://○○○/?tid=2
等と書かれている部分の数字と同じ数字を記述します。

商品名での条件分岐

商品名での条件分岐の方法は

<{if $product_name != ""}>
商品名が空でない場合に記述する内容
<{/if}>

カテゴリーでの条件分岐

カテゴリーでの条件分岐の方法は、
大カテゴリーの場合、

<{if $bid_name != ""}>
大カテゴリーがある場合に記述する内容
<{if $bid_name == "カテゴリー名"}>
指定したカテゴリーが表示されている場合の内容
<{/if}>

となります。

子カテゴリーの場合は

<{if $sid_name != ""}>
子カテゴリーがある場合に記述する内容
<{/if}>

といった感じで、条件分岐ができるので、
他にもさまざまな条件分岐をしたい場合などは、
■カラーミーショップで用意されている独自タグ
独自タグ一覧

こちらを参考にして条件分岐をすればOK